研究推進課

お知らせ (INFORMATION)

2021/01/19
第2回 産学官連携セミナーの開催を延期します 

2月2日(火)に予定しておりました「第2回産学官連携セミナー」は、今般の新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言発出に伴い、開催を延期いたします。開催日程が決まり次第、再度ご案内させていただきます。
  

2021/01/18
科研費(学術研究助成基金助成金)の補助事業期間延長承認申請についてnews 
※対象は、基盤研究(C)・挑戦的研究(萌芽)・若手研究の研究課題のうち、令和2年度が研究計画最終年度にあたる研究課題

2021/01/18
科研費(学術研究助成基金助成金)の補助事業期間(再)延長承認申請について (再延長)news 
※対象は、既に令和2年度まで補助事業期間の延長承認を得た研究課題

2020/12/21
令和3年度厚生労働科学研究費補助金および日本医療研究開発機構研究費の公募について  news

12月21日付にて、令和3年度厚生労働科学研究費補助金の公募が掲載されましたのでお知らせいたします。日本医療研究開発機構研究費については研究事業ごとの公募となりますので、日本医療研究開発機構の公募一覧のページを確認してください。
申請を希望される場合は、研究推進課(内線2815)までご連絡頂きますようお願いします。

◆令和3年度厚生労働科学研究費補助金公募要項(1次)
【公募期間 2020/12/21~2020/1/25 PM5:30厳守】
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15527.html
◆日本医療研究開発機構 公募一覧
※研究事業により公募期間が異なります。
https://www.amed.go.jp/koubo/koubo_index.html

2020/11/25
令和3年度科研費(学術変革領域研究(A・B))の公募について  

文部科学省HP https://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/hojyo/boshu/1394559_00001.htm
申請される場合は研究推進課に事前にご連絡(内線 2815)いただきますようお願いいたします。(学内提出期限:1月半ば頃を予定)

2020/10/30
研究費(科研費等の公的研究費を含む)により支出するWeb開催等の学会参加費の精算方法について

学会参加のための旅費等の精算につきましては、出張を伴う場合は、基本的に出張前に「出張申請書」を提出し、出張後に「出張報告書兼旅費精算書」等の精算書類を提出して精算していただくようお願いしております。しかしながら、昨今の新型コロナウイルス感染症の影響により、学会についてはオンライン形式での開催が増えていることから、出張を伴わない場合の学会参加費の精算については、下記のとおり、お手続きいただきますようお願いいたします。

              記
<提出書類>
 ◇領収書 ◇参加証明書等の参加を証明する書類
 ◇決裁伺(研究費)
 ※科研費・厚労科研費の場合は決裁伺(研究費)の提出は
  不要です。
 ※通常の請求書類と同様に確認印の押印が必要です。
<提出先> 研究推進課

2020/10/26
2020年度 臨床研究教育研修会(倫理審査)の実施について news 
人を対象とする研究を実施する場合は、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」において、毎年1回の教育研修の受講が必須と定められています。
そこで、倫理審査の視点等を改めて理解し申請書類に反映いただきたく、国立循環器病研究センター・産学連携コーディネーターであり、研究倫理・倫理審査の造詣が深い湯元昇先生をお招きし、下記の要領で研修会を開催いたします。

受講方法等 (次のホームページから受講をお願いします)
https://www.osaka-med.ac.jp/research/inrco/copy_of_OPEN3_001.html

今年度は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため集会形式ではなく、動画配信といたします。動画の内容を反映した理解度確認テストの回答・提出をもって受講歴とし、受講証を発行いたします。

2020/09/28
イノベーションジャパン2020-大学見本市に出展しています 
公開期間 2020年9月28日(月)~11月30日(月)


国内最大規模の産学マッチングイベントである「イノベーション・ジャパン2020」が9月28日(月)から開催されています。
今年度は、新型コロナウイルス感染症の状況が考慮され、初のオンラインでの開催となりました。本学からは、次の3件のシーズを出展しています。

pdf 【大学等シーズ展示】  医療分野
「自走式カプセル内視鏡による全消化管観察への挑戦!」: 医学部 内科学Ⅱ 太田和寛 助教
(出展番号:W-25)
「新生児のドライテクニックに使用する用具の開発」: 看護学部 看護学科 近澤 幸 助教
(出展番号:W-24)
「透明包帯による小児の点滴固定」: 附属病院 集中治療部 北埜 学 助教
(出展番号:W-23)

※各シーズの詳細は、イノベーション・ジャパン2020HPよりご覧ください。
https://ij2020online.jst.go.jp/

2020/09/24
研究活動における不正行為への対応等のための研究倫理教育の実施についてpdf  
研究活動における不正行為(発表された研究成果の中に示されたデータや調査結果等の捏造、改ざん及び盗用など)を防止するため、文科省が定めたガイドラインに基づき、研究倫理教育(APRIN eラーニングプログラム)を実施します。未受講もしくは有効期間が終了する対象者におかれましては必ず ご受講いただきますようお願いいたします。※詳細はPDFをご確認ください。

受講方法等 → 研究倫理教育(研究不正防止)
https://www.osaka-med.ac.jp/research/krinri.html
受講状況の確認方法 →
https://office.osaka-med.ac.jp/rco/paper/04_kensyu/01_jukoukakunin.pdf

2020/09/09
令和3年度科研費の応募について(応募専用ページ) 
※科研費の公募は終了しました。

2020/08/19
令和3年度科研費の公募に係る制度改善等について pdf  
日本学術振興会HP https://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/06_jsps_info/g_200812/index.htmll

2020/08/17
「2020年度公的研究費の不正使用防止のためのコンプライアンス教育研修」の実施について pdf

公的研究費の不正使用等の防止のため、文部科学省「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」に基づき、2020年度の教育研修を実施いたします。これまでに受講されていない対象の方・今年度末に受講有効期間が終了する方は必ずご受講ください。
なお、今年度はコロナウイルス感染防止対策のため、e-learning及びDVD による貸出のいずれかによる受講とさせていただきます。
           記
開始日:e-learning及びDVD による貸出 2020年8月17日(月)~
講師:新日本有限責任監査法人 公認会計士 宮本 香 氏
受講方法はこちらからご確認ください。

どちらの受講方法におきましても、誓約書(および理解度確認シート)を紙媒体で提出することで受講修了となりますのでご注意ください。
また、研究代表者および他機関より分担金の配分を受けている研究分担者は構成員リストを研究推進課へご提出ください。
構成員リスト様式(代表)  (分担)

受講状況の確認方法はこちらをご確認ください。

2020/08/17
「研究費の適切な使用のためのハンドブック(2020年8月)」の改訂について
研究費の使用ルール等をまとめたハンドブックを改訂しました。
※主な変更内容については、目次ページの次のページに記載しています。

「研究費の適切な使用のためのハンドブック(2020年8月)」pdf


2020/06/03
研究助成金申請書類作成に関する助言・指導・添削支援について

民間企業による奨学寄附金の減少に伴い、各種財団及び企業等による研究助成金の増加が見込まれています。そのため、研究推進課では最新の各種研究助成金情報をホームページ及び学内掲示等にて案内しています。
 【学内限定】https://www.osaka-med-research.jp/joseikin/subsidy/subsidy_frame.php

しかしながら、研究助成金の申請書類を作成するにあたり、財団及び企業の求める内容・項目が異なっていることから作成までの準備が複雑でありハードルの高いものも散見されます。
そこで、今年度限定の試験的運用として、次の要領にて民間財団助成金の申請書類の作成に関する、助言・指導・添削に関する支援業務を開始させていただくこととなりました。研究助成金の申請書類等の作成にあたり支援を希望される先生及び研究者がおられましたら、ご遠慮なくお声掛けください。

1.対象となる助成金等 :  武田、三菱、三井、上原、稲盛財団
               テルモ、内藤など(他の助成金もOKです)
2.支援内容      :  ①申請書類作成に関する助言
               ②    〃     指導
               ③    〃     添削
3.支援受付期限    :  学内締切日1週間前までには添削できる状態
                で申請書をご提出ください。
4.連絡先       :  研究推進課(内線:2814、2815)
               (担当:犬飼まで)

※その他、AMED、サポイン、厚労科研等の申請書類作成についてもご相談ください。

2020/04/22
令和2年度科研費・審査結果の開示について


2020/04/17
(新)倫理審査申請システムへのアクセスについて

申請をご希望される方は、以下のURLからご利用いただきますようお願いいたします。 ※旧システムから、申請は出来ませんのでご注意ください。
(新)倫理審査申請システム

2020/04/13
2020年度以降の研究費管理システムについての変更について

2020年度分から研究管理システムが変更になりました。2020年度以降の請求書類の請求については、以下をご確認いただき処理をお願いいたします。※但し、2020年度から配分される個人研究費等の予算コードについては作成できておりません。予算確認後の作成となりますので、もうしばらくの間、お待ちくださいますようにお願いします。
2020年度研究費管理システム変更について
2020/04/10
 (新)倫理審査申請システム操作説明会のe-ラーニング配信について

4月10日より、e-ラーニングにてシステム操作説明の内容を配信いたしましたので、倫理審査の申請を検討されている方は予めご確認をお願いいたします。
(新)倫理審査申請システム操作説明会のe-ラーニング配信について

公的研究費の適正使用に向けての取り組み

本学における取り組み

公正な研究活動へ向けての取り組み

本学における取り組み


大阪医科大学サイト

たかつきモデルプロジェクト

関連部署LINK