HOME > 感染症について  > スタンダードプリコーション(標準予防策)

感染症について

スタンダードプリコーション(標準予防策)

スタンダードプリコーションとは、感染症の有無にかかわらず全ての患者を対象に、以下のものを感染の可能性のある物質としてみなし、対応する予防策のことです。

①血液 

②傷のある皮膚 

③粘膜

④すべての体液(汗を除く) 喀痰、排泄物(尿、糞便、吐物等)、膿、胸水・腹水 等

 

※スタンダードプリコーションを実践することで、未知の病原体からも暴露を防ぐことができます。

 

スタンダードプリコーションの詳細についてはこちら。

スタンダードプリコーション(PDF)