大阪医科大学 研究推進課
内線番号 2815
受託研究契約の手続き

1.申込み

企業等の研究担当者と本学の研究者で、研究計画の打ち合わせをしていただきます。研究内容および契約内容について合意できましたら、受付票を提出のうえ申し込みをしてください。

 

2.必要書類の提出

委託者は、委託を希望する本学研究者等(研究担当者)と「受託研究申請書」、「研究費算定書」を作成し、研究推進課まで提出してください。

※研究費算定書は、研究経費が発生する場合のみ提出が必要です。

 

受託研究申請書 (様式1)
研究費算定書  (様式2)

 

3.受け入れ決定

受け入れ決定は、受託研究申請書、研究費算定書及び契約書(案)に基づき、学部等の長が行います。

審査流れ図

 

4.契約の締結

受託・共同研究審査会にて審議を行い、受託研究の受け入れが決定された後、受託研究契約を締結いたします。
※本学では、2種類の受託研究契約書(案)をご用意しております。

受託研究契約書(案)
受託研究契約書(臨床試験)(案)

 

5.研究費の納付

本学の指定する金融機関に納付期限内に研究費のお振込みをお願いいたします。
なお、納付していただく研究費は、原則として、委託に直接必要な経費の他に、大学の管理等に必要な間接経費として直接経費の20%相当額を合算した額を負担していただきます。

  • 間接経費は、直接経費の20%に相当する額を標準とし、間接経費に千円未満の端数が生じた場合はこれを切り捨てることができるものとし、その場合の端数は、直接研究に要する経費に充てることができます。
  • 研究費は、大講座の各教室で管理されます。
  • 研究費の支出は、契約書に定めがない限り、学内の研究費支出基準表に準じます。
受託研究費の使用について(学内のみ)

 

6.研究の報告

研究が完了した場合は、双方協力のうえ研究成果の報告書をとりまとめてください。

本学研究者(本学の代表者)は、所属する学部長等へ報告の必要があります。所属長を通じ契約が終了した報告書を研究推進課までご提出をお願いします。(※契約期間終了1ヶ月内に提出してください

 

終了報告書(様式5)

 

7.その他事項

契約内容に変更があった場合

契約内容に変更が生じた場合は、速やかに変更申請書を提出してください。

変更申請書(様式4)

 

大阪医科大学 研究推進課

COPYRIGHT (c) OSAKA ALL RIGHTS RESERVED.